建築・土木・設備製品・工法 総合カタログdbNET

〒101-0061 東京都千代田区三崎町3-2-10 寺西ビル4階

dbNETメールマガジン【VOL.141】

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++

   ☆★☆   dbNET   Weekly ニュース    ☆★☆

                            【VOL.141  2018年 12月 7日】

 

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++

 

…………………………………………………………………………………………………

このメールはdbNETファミリーのユーザー登録時にメールアドレスをご記入いた

だいたお客様に送信しております

    Webサイト ◇http://www.dbnet.gr.jp

    Facebook  ◇http://www.facebook.com/dbnetgrjp

    Twitter  ◇http://twitter.com/dbNET12

 

…………………………………………………………………………………………………

 

■■■■■■□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

■■   今週のもくじ

■ 1. プロローグ

■ 2. dbNET会員紹介  ~マックス株式会社~

■ 3. J・Hのささやき 「福沢諭吉について(20)」

■ 4. dbNETファミリーへのリンク

■ 5. エピローグ

■       

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□■■■■■■

 

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++

 

1.プロローグ

 

こんにちは、志摩です。

寒くなりましたねえ。

 

東京西部の『寒冷地』で、古い石油ファンヒーターで日々暖をとっているのですが、

灯油が値上がりして難渋しております。

ゴーン氏も拘置所は寒いとぼやいているそうで、チト気の毒です。

今回は、筆の赴くままに、ゴーン尽くし、ゴーン特集になりそうです。

 

その前に

広島の丸が巨人に移籍。驚きました。

てっきり、ロッテに行くと思っていたので。

千葉に行けば県民は喜んだのに。郷土愛がないなあ。少し失望。

5年契約で30億円。大変な金額です。

金と原監督の『目力』に篭絡されたか? 引退後の『元巨人軍選手』のブランド、

まだ効力があるのか?

 

まあ、年棒10億のゴーン氏よりは低額ですが、『丸儲け』。

どこまで活躍できるか楽しみですが、巨人に来ると、なぜか、萎んでしまうので……

 

大阪万博、決まりましたね。

予想される経済効果は2兆円を越えるとか。

うまく行くといいですね。

志摩が真っ先に考えたのは、テーマソングは誰が歌うのか、でした。

1970年の時は、三波春夫が『世界の国から♪』と歌いました。

現在の歌手か、あるいは7年先ですから、新しい歌手が生まれて、そのひとが歌う

のか?

もちろん、その前に、作曲と作詞は誰が担当するのか。

そのための国内コンペが行われるのか? 

いや、新国立競技場のデザインのように海外からも募るのか?

大阪万博の名を知らしめるには良い方法ですよ。

 

日本には、あらゆる分野で世界的なひとがいます。

ノーベル賞は言うまでもなく絵師(画家)、小説家、指揮者、俳優と枚挙にいとま

がない。

しかし、世界的な歌手って、ひとりも出ていません。みな『国内歌手』です。

由紀さおりが数年前にアメリカでブレークしましたが、あくまでもアメリカ、世界

的ではない。

(演歌がアフリカで人気、というビックリの話をきいたことがありますが)

で、万博でテーマソングを歌う歌手が、それを機に、世界的な歌手に登りつめる、

という図柄が見たいのです。

ビートルズ、ボブディラン、マドンナ、エルトン・ジョンのような世界的歌手の誕生。

今回は、演歌歌手は不向きでしょう。

天童よしみちゃん? まさか!

アムロナミエちゃんは引退しちゃったし、ウタダヒカルでは迫力不足。

ソロ、グループ、バンド、色々と考えられますが、多分、その頃にはスマップのよう

なグループが生まれていて……

いずれにしても、ポップス系、ロック系、ジャズ系、レゲエ系の歌になるでしょう。

英語で歌うのかな……少し淋しいのですが、ま、英語が世界語だから、仕方ない。

あっ、その前にオリンピックがありましたね。

 

さて、本題です。

ゴーン砲、Gショック、強欲ゴーン。

アメリカでは、途方もなく大きなホームランが出るとアナウンサーが『ゴーン、

ゴーン、ゴーン!』と叫びます。つまり、飛んだ飛んだ、ボールが遥か彼方に行って

しまったあ、という絶賛の叫びです。

 

  『この世をば 我が世とぞ思ふ 望月(もちづき・満月)の

                   欠けたることも なしと思へば』 

                    

いまから約千年前の、栄耀栄華を誇った藤原道長の作です。有名ですよね。

この歌とゴーン氏が重なってしまいました。

この世の中はおれの世だと、大変な鼻息です。

現在でも名門と言われる家は、一条、九条、近衛、冷泉と、みな藤原家の血脈です。

いやはや。同家のご先祖はあの中臣の鎌足。やるなあ。

 

江戸時代の思想家、石田梅岩(いしだばいがん)の『一事のために百事を損なう』

も思い起こされました。しかし、これは、ゴーン氏には酷でしょうね。

功あれば罪あり、というところでしょうか。

氏の業績については、志摩は大したものだと思っています。

とにかく、疲弊していた日産を世界的企業に押し上げたのですから。

大幅なリストラを断行したゴーン氏。

恨みも買ったでしょう。しかし、日本の経営陣では情に流され、恨みを買うことに

耐えられない。そうしたことでゴーン氏を招いたのでしょうから、その点について

同氏にはなんの非もない。憎まれ役を買って出たのですから。

大幅なリストラの時代、どこの企業でも、人事担当役員はもがき苦しんでいました。

外人だからこそ出来たリストラでした。

まあ、それと今回の疑惑は別ですが、しかし、まだもらってもいない金を『先行的に

書類上もらう』のは、それほどの罪なのでしょうか? 法律は難しい。

 

志摩が昔から、どうしてかなあと不思議に思っているのは、欧米人の貨幣(金)に

対する異常な執着ですね。なぜ、そんなに欲しがるのか?

使えないような金額を。

守銭奴と言いますが、その心情がどうしてもわからない。

『使用目的があって貨幣を貯める、集める』のならわかります。

しかし、連中の中には、貨幣の退蔵が目的で、それを集めるひとがけっこう多い。

つまり、貨幣の退蔵が自己目的化する。

ディケンズの小説『クリスマスキャロル』の主人公、そしてドストエフスキーの

『罪と罰』に登場する、主人公のラスコーリニコフに惨殺される質屋の老婆もそう

でした。

貨幣は、使うためにあるのにもかかわらず。

(話がそれますが、貨幣は使えば減りますが、いくら使っても減らないものがあり

ます。いくつかありますが、そのうちのひとつが知識です。

ですから、手に入れた知識は、皆に提供するべきです。出し惜しみはダメですよ)

 

たとえば、高額所得者のアメリカのメジャーリーガー(特にカリブ海、中南米出身)

のほとんどの選手が母国の貧しい子供たちのために多額の寄付をしたり、基金を作っ

たりして社会還元をしています。

日本のプロ野球の選手も、そうした行為をしている選手は少なくない。

世間に出ないだけです。

つまり、陰徳を重ねています。

『陰徳は語らず、恩は語るべし』

 

アメリカの大富豪、カーネギーでしたかね、

『巨万の富を遺したなんて言われるのは、恥そのものだ』と言って、亡くなる前に

財産のほとんどを寄付しました。

こういう事例を見ると、ああキリスト教の精神は生きているんだなあと感動します。

ゴーン氏も実は陰徳を重ねているのか?

たとえば、ブラジル、レバノン、フランスの貧しい子供たちのために、世間には知ら

れない形で施設や機関にこっそりと寄付していたのか?

それならブラボーとなるのですが、いまのところ、そのような話はきこえてきません。

 

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

 

2.dbNET会員企業紹介   ~マックス株式会社~

 

このコーナーでは、dbNET会員企業を順次紹介しております。

企業概要、事業内容は各社のホームページより抜粋しております。

是非一度アクセスしてみてください。

 

======================================

 

マックス株式会社(本社:東京都中央区)は徹底した現場主義・顧客主義による自在

な創造活動で、お客様満足に応えます。

マックスは、お客様の要望を細かく分析して、ニーズにマッチした商品やサービスを

市場 に送り出し、お客様の支持を得てきました。

用途にマッチしたツールであるがゆえに、プロユースであり、形や仕様はユニークです。

世界で初めてという商品も多くあります。

商品 はロングセラーで、マーケットシェアは高く、そしてその利用を支える消耗品と、

高い技術に裏付けられたアフターサービスを提供し続けています。

お客様とのつながりは深まり、 それが次の商品開発や新しい用途への展開に発展して

行きます。お客様との深いつながりは、マックスの特別な体質です。

徹底した現場主義・顧客主義による主体的で自在な創造 活動を、チームで実践し続ける

ことが、人を成長させ事業を成長させると信じます。それがマックスの戦略の基本です。

 

事業概要

・インダストリアル機器部門

  釘打機、ガンタッカ、ねじ打機、ステープル、ネイル、ねじ、エアコンプレッサ、

  レーザ墨出器、鉄筋結束機、コンクリート用ピン打機、ガスネイラ、ハンマドリル、 

  充電式インパクトドライバ、充電式丸のこ、野菜結束機、誘引結束機、袋とじ機、

  充電式剪定はさみ、浴室暖房換気乾燥機、24時間換気システム、床暖房システム、

  ディスポーザシステム、住宅用火災警報器など

・オフィス機器部門

  オートステープラ、プラスチックリング製本機、ホッチキス、ホッチキス針、紙針

  ホッチキス、ナンバリング、パンチ、スタンプ台、朱肉、タイムレコーダ、タイム

  カード、チェックライタ、カッティングマシン、プリンティングマシン、ラベルプ

  リンタ、チューブマーカー、筆耕ソフト、筆耕マシン、平行定規など

・HCR機器部門

  車いす、その他福祉用品

 

 

       http://www.max-ltd.co.jp/

 

 

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

 

3.ジェームス・ホントのささやき ~~『福沢諭吉について』~~ (20)

                      『学問のすゝめ』より

     

======================================

 

第16編 ① 手近く独立を守る事 

 

『不羈独立の語は近来世間の話に聞く所なれども、世の中の話には随分間違いもある

ゆえ、銘々にてよくその趣意を弁えざるべからず』ではじまり、独立には二つあって、

一つは有形なり、一つは無形なりと説明します。

有形の独立は品物についての独立、無形の独立は精神の独立です。

『品物についての独立とは、人が銘々に身代を持ち、銘々に家業を勤めて、他人の世

話厄介にならぬ様、一身一家内の始末をすることにて、一口に申せば人に物をもらわ

ぬという義なり』

有形の独立とは、他人からモノをもらわないで、厄介にならないことだ、と明快です。

(イスラム圏では、ひとから施しを受けても、礼を言わないそうです。

当たり前なんですって。驚きですが、それは何故か、興味のあるかたは、ご自分で学

んでください)

 

では無形の精神の独立とは何か?

簡単に言うと、他人が持っているものを身分不相応になんでも欲しがり、奢侈に走る

心根を持たないことです。

 

そうでないと、結果として、

『身に残るものは奢侈の習慣のみ、憐れというも尚おろかならずや』

現代流にいうなら、物神崇拝に陥る、ということです。

『産を立るは一身の独立を求むるの基なりとて心身を労しながら、その家産を処置す

るの際に、かえって家産のために制せられて、独立の精神を失い尽くすとは、まさに

これを求むるの術をもってこれを失うものなり』

独立を守るために働いて金をかせぐのはよいが、その金を、他人の真似をすることに

よって蕩尽し、己れを苦しめることになり、その結果、精神の独立を失ってしまう。

実に愚かな所業ではないか!

 

『一杯、人、酒を飲み、三杯、酒、人を呑むと云う諺(ことわざ)あり。 

 今この諺を解けば、酒を飲むの慾を以って人の本心を制し、本心をして独立を得せ

しめ ずと云う義なり』

つまり、初めの一杯は己れの意思で飲んでいるが、三杯となると、人は酒に飲まれて、

己れを失い、独立心を失う、という例え話です。

本末転倒と言い換えても良い。

 

イギリスの経済学者に、ヴェブレンというひとがいました。

このひとは、資本主義の発達は『見せびらかし』によるものだと面白い意見を述べて

います。

もちろん、異端視されていますが。

『こんなもの、おまえ、持ってないだろう、どうだ、いいだろう』とひとに見せびら

かす。

で、消費が進み、それが資本主義の発達をもたらした、という見方です。

確かに、貴族、上流階級には、そうした傾向があったのではないか?

豪邸を建てる、きらびやかな貴金属を身に付ける、豪奢な馬車に乗る。

いや、庶民にも、そうした『癖』はあるのか? あるでしょうね。

現在でも、高級車や高級時計やブランド品を買い求めるひとにはそうした心根がある

と思われます。

日本では成金趣味と言いますね。

 

本来人が何かを求めるのは、それが欲しいからですが、それが欲しいからではなく、

それを他人に『見せびらかしたいから』求めるのは、倒錯です。

で、裕福な貴族ならまだしも、庶民階級が身の丈に合わない消費をするのはよろしく

ない。

  

『余輩あえて守銭奴の行状を称誉するにあらざれども、ただ銭を用いるの法を工夫し、

銭を制して銭に制せられず、豪も精神の独立を害することなからんを欲するのみ』

金を使わずに退蔵する守銭奴をあえて賞讃するわけではないが、金を貯めることも時

には必要だ、それは、金を持っていても金に使われず、コントロールができていて

独立心を失っていないことを意味するからだ。

それはけっこうなことで、皆さんそうなってくれと結んでいます。

 

さて、この論でゴーン氏の所業を見ると、どうなるか?

福沢は、驚き、呆れると思います。

なぜか?

大金を溜め込むのは、一見、堅実のようですが、それが自己目的化することは、逆に

金にコントロールされていることになるからです。

金は何かと交換され、あるいは投資されることによって、本来の目的である使用価値

の壇上にのぼる。

度を越した退蔵は、度を越した酩酊、つまり泥酔と同じですね。

死に金とはよく言ったもので、貨幣の不思議さがここにあります。

(銀行に大量に保管されている金、目的を失って眠っています。いや、死んでいる)

 

ゴーン氏は貨幣というブラックホール化に飲み込まれてしまったのか?

ブラックホールからの脱出は、無理だそうですが……

 

 

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

 

4.dbNETファミリーへのリンク

 

=======================================

 

☆リアリムプロジェクト   http://www.realim.jp/

  ・写真をもとに外壁や内装などCGパースシミュレーション

 

☆リフォナビ   http://www.refonavi.com/

  ・住宅、マンションリフォーム会社総合情報サイト

 

☆ユ二クル    http://www.dbnet.gr.jp/unicl/

  ・マンション改修のためのコストシミュレーションソフト

 

☆住彩    http://www.jusai.jp/

  ・CGパース「未来写真」の事ならお任せください

 

☆クローバー総合サービス㈱ http://cloverts.jp

  ・25年の実績を持つCAD集団、BIMのご相談、耐震改修に対応

 

 

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

 

5.エピローグ

 

難問がどっと押し寄せてきた師走になってしまいました!

ゴーン裁判、どうなるのか?

東京地検が動いたのだから、『有罪に出来る』と踏んだのでしょうが、ここにきて、著名

な弁護士(元検事)から、おかしい、腑に落ちない、有罪にはできない、という声がきこ

えてきました。

無罪もありうる?

さらに、国外からは、日産と日本について、厳しい見方が寄せられています。

恐らく、フランスの世論は沸騰しているでしょう。

あの国も、ナショナリズムが強いので。

ゴーン氏がアメリカ人だったら、どうなっていたか、多分、検察は動かないか、相当程度

違った対応をしたでしょう。

なぜか? おわかりですよね。

 

心配なことがひとつあります。

東京拘置所に拘留された経験のある識者の著書によると、拘置所内ではかなり『前時代的』

な慣行が残存しています。

世界標準に達していない。

『推定無罪』の人間に屈辱的な行為が様々あって、それゆえ、欧米視点から見たら『日本

ははなはだしい人権蹂躙国家で、近代国家になっていない』と指弾される恐れがあります。

その体験をゴーン氏が手記にして出版したら、どうなるか?

『日本には日本のやりかたがあるんだ、関係ない』では済まないでしょう。

もちろん、日産の『ヤリクチ』に関しても細部にわたって書くでしょう。

恐らく、世界中でその本は売れると思います。

『日本よ、人権なんて言える柄か』と隣りの大国から嘲笑されます。

 

フランスは『自由・平等・博愛』を標榜する人権国家(建前です。ホントはひどい差別の

ある階級社会)で、ゴーン氏は優遇される上流階級ですから。

そこで、同国内で日本叩きが醸成されるのではないか?

またそれに便乗して、日本を攻撃する国が出てくるのではないか?

老婆心と笑える結果で終わればよいのですが。

(逆の見方に立てば、外圧がないと動かないと言われる日本、もし、現行の刑事司法に世

界標準に外れ、かつ前時代的な側面があるのなら、これを機に見直して、改善、改良すべ

きです)

 

これは志摩の推測ですが……もしかしたら、フランスの駐日大使が、拘置所における酷い

処置に対して、猛烈に抗議して、ゴーン氏の待遇に良き変化があるかも。

たとえば暖かい特別製の毛布を支給するとか、うまいコーヒーを毎日提供するとか。

しかしそうなると、ゴーン氏を特別待遇することになるので、差別と批判される。

で、その情報はシャットアウトされる?

 

さて、そのフランスですが、同国では、ガソリンと軽油の値上げに対して、猛烈な抗議デ

モが起きて、死者まで出ています。

意外な気がするのですが、フランスの車はディーゼル車が多いそうです。

 

同国では、脱ガソリン・脱軽油ということで電気エネルギーへの転換が急がれていますが、

ワイン王国なので、その製造過程で出てくる葡萄の皮、種を利用したバイオエネルギーの

開発にも取り組んでいます。

そのように考えると、知恵を皆で出し合えば、『無駄なモノはない』という思いに至りま

すね。

 

中国に『竹頭木屑(ちくとうぼくせつ)』という言葉があります。

竹の切れ端に木の屑、つまり、なんの役にも立たないつまらないもの、という意味で、こ

こから、役立たずの人間という意味が生まれます。

しかし、ようく考えると、世の中に無駄なモノはありません。

それは人間も同じです。

名前は忘れましたが、明治時代のひとが『竹頭木屑たりといえども効用有り』と書き遺し

ていますよ。

良い言葉だと思われませんか?

 

リサイクル、という点では、日本は江戸時代からそうでした。

志摩が子供の頃の昭和では、読み終えた新聞紙は大変な有用性を持っていました。

八百屋では必ず野菜や果物を新聞紙で包んでいました。

コロッケやメンチも確かそうでした。

それを袋から出して、食らいつくのが至福のひとときでした。

その新聞紙は、家では、七輪で火をおこす時に利用されました。

現在なら、牡蠣殻の有効利用とかありますね。

インドでは象のフンは燃料、乾燥させれば壁材になります。

『抜けた頭髪、切った爪はどうかな?』ですって、さあ……勝手に処分を

 

ましてや、金なら、有効利用は多岐に渡ります。

万能?

いや、精神的なものは金では買えません。買えるのは屈服したフリぐらいでしょうか。

信頼、威厳、気品、恋心(女体は買えますが)、高度な職人的技術、これらは金では

買えない。

金をただ溜め込むのは、ほとんど罪悪ですし、貨幣が『おれを使ってくれよ』と文句を

言うのでは? 

強打者がベンチで出番を待っているのに!

監督、おれを使ってくれよ!

 

ゴーンさん、いまからでも遅くない、金をブラジル、レバノン、フランスの貧しい子供

たちのために吐き出しなさい!

あるいは、かつてフランスの植民地だったアルジェリアからの貧しい移民のために基金

を設立しなさい。彼らがどれほど苦しんでいるか、ご存知でしょう!

あなた、いやしくもクリスチャンでしょうがア! このオ!

(つい興奮してしまいました)

 

残りの勤労日、およそ二十日間、皆様、怪我などなさらぬよう、お気をつけて!

 

=======================================

最後までお読みいただきありがとうございました。

メルマガ会員も常時募集しています。(会費は無料)

本メルマガに興味を持たれそうな知合いがいらしたら、是非ご紹介ください。

 

▼【お問い合わせ、新規ご登録等】

 本件に関してご不明な点がお有りの場合は事務局までお問い合わせください。

    ( URL:このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。  )

 

▼【メール配信停止】

    ( URL:このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。  )

 

▼【配信先メールアドレス・住所・連絡先など登録情報の変更】

    ( URL:このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。  )

 

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

 

  発行:有限責任事業組合C-PES研究会 dbNET事業部 

               http://www.dbnet.gr.jp/

     〒101-0061 東京都千代田区三崎町3-2-10 寺西ビル4階

 

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥