建築・土木・設備製品・工法 総合カタログdbNET

〒101-0061 東京都千代田区三崎町3-2-10 寺西ビル4階

『構造物のよもやま話~壁について(2)』 dbNETニュース【VOL.16】

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
   ☆★☆   dbNET   Weekly ニュース    ☆★☆
                   【VOL.16 2013年9月30日 】

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

…………………………………………………………………………………………………………
このメールはdbNETファミリーのユーザー登録時にメールアドレスをご記入いただいた
お客様とセミナーにご参加いただいた皆様に送信いたしました。
      Webサイト ◇http://www.dbnet.gr.jp
      Facebook  ◇http://www.facebook.com/dbnetgrjp
      Twitter  ◇http://twitter.com/dbNET12

…………………………………………………………………………………………………………

■■■■■■□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
■■   今週のもくじ
■ 1. 会社訪問 (株)エコオフィス・サン・エンジニアリング  
■ 2. 旬のアイテム【水処理・安心・安全】  
■ 3. 秋のキャンペーン
■ 4. J.Hのささやき『構造物のよもやま話~壁について(2)』
■ 5.dbNET会員募集
■ 6. dbNETファミリーへのリンク
■ 7. 編集後記
■ 
□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□■■■■■■

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
 こんにちは、メルマガ担当の志摩です。
 
 楽天が創設9年目にして優勝しました。いや、よかったよかった!
 今年は強力な外人選手が二名入り、さらにさらに田中のマー君の鬼神のような圧倒的な
活躍もありました。また、エースに黒星をつけさせるわけにはいかんと、バックもよく守
りました。それにしても、マー君の連勝記録は、途方もない偉業です。もしかしたら、永
遠に破られないのでは?
 また、ヤクルトのバレンティンのホームラン記録も偉大なもので、こちらは、百年は安
泰かも知れません。いずれにしても、今年のプロ野球界は話題が豊富で、ファンを楽しま
せてくれました。
 さて、今年の日本シリーズを制するのはどこのチームか? 
 楽天と巨人の戦いになるのか、はたまた、下克上で、他のチームが制するのか、とても
楽しみです。
 日本一の栄冠に輝くのは、さあ、どこでしょうか?
 
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

1.会社訪問③  ㈱ エコオフィス・サン・エンジニアリング
            ~窓ガラスを極める~

========================================

  同社は旭硝子㈱AGCカンパニーの製品を使用したガラス工事業を主業務とする会社
だ。峰岸恒徳社長は、「旭硝子では、窓ガラスのリフォームをリグラス(Reglass)と呼
んでおり、当社はその普及と拡大に日々励んでおります」と語る。
 リグラスとはききなれない言葉だが、要は、既存の窓ガラスを交換することによって、
飛躍的な断熱性能と遮熱性能を実現し、住空間の快適性をあげるものだ。
 リグラスの特長は、まず第一に、独自な技術によって開発されたエコガラスを使用し
ている点だ。エコガラスとは、ガラスとガラスの間に特殊な金属膜を採用することによっ
て、冬季には断熱性能を発揮し、さらに夏季には遮熱性能を発揮して、住むひとに圧倒的
な快適性を提供するガラスだ。
 当然、省エネ効果も高く、改正省エネ基準のことを考慮すると、実に有力な商品だ。
 リフォームが現在のターゲットのようだが、将来的には新築にこそふさわしい商品と言
えるだろう。

           『工事は一時間でOK!』

 「リグラスにはニ種類ありまして、まず、ペヤプラスですが、これは現在ご使用中のサ
ッシを交換せずに施工できます。ガラスを入れ替えるだけです。もうひとつは、『まどま
ど』と呼んでおりますが、既存の窓に、もうひとつ窓を添えるものです。つまり二重窓の
発想ですが、二重にすることによって、断熱性能、遮熱性能は言うまでもなく、防音性、
防犯性も格段にあがります。いずれの工法も、工事自体は1時間もあれば済みます」
 リグラスは色調、デザイン性にも富んでおり、カタログを拝見すると高級感と格調高さ
を表現するため細心の配慮が施されていることがうかがえる。
 選ぶ側にとっては魅力的な高性能複層ガラスだ。
 リグラスにはそのほか、防犯効果に優れたセキュレ(合わせガラス)といった商品もあ
り、同社長は次のように語る。
 「人生の大半を大概のひとは家で過ごします。とても重要な居住空間をエコガラスに変
えることで、室内の環境は大幅に向上します。この点を強くアピールして、普及に努めて
行きます」

           『窓ガラスの重要性を認識しよう』

 エコガラスとは、(国内の建築用板ガラスの製造会社全社によって構成される、板ガラ
ス協会が推奨する、住宅性能表示制度の温熱環境性能で最高位を得たガラス)のことを指
す。
        ~ エコガラスの特性と快適な居住空間~

 1 省エネ(節電) 
 エコガラスに替えるだけで、一戸あたり25本のブナの木を植樹したのと同等のCO2を
削減できる。
 2 結露の抑制 
 カビ、ダニの発生や繁殖を抑え、ハウスダクトを軽減することで、アトピーや喘息のリ
スクは大幅に軽減。
 3 温度差の抑制 
 冷放射や不快ゾーンをほとんど感じることがなく、快適な室内空間を作り出す。さらに
 住宅の保温性を高くして外気温の影響を受けにくくする。  
 4 紫外線をカット 
 過剰な紫外線は様々な健康被害 の要因となるが、エコガラスなら、見事にカット。
 
           詳細は http://www.e-mado.info/eco.office.se/

なお旭硝子では、ガラスの魅力と機能をわかりやすく伝えるため東京に『AGC st
udio』を設けている。同スタジオは、誰でも自由に入れる、『ガラスのワンダーラン
ド、ファンタスティック・スペース』で、素晴らしいガラス文化の最先端とその精髄に触
れることができる。
 都会のド真ん中にあるワンダーランド、一見の価値有り!
 東京駅の近傍に来た時には、是非とも足を運びたい場所だ。  
  楽しいですよ!

            詳細は URL http://www.asahiglassplaza.net/

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
 
  2.Exciting Information ☆旬のアイテム【省エネ・防水・安全】

  ― 登録商品で写真が掲載されているもののみ選択表示しております ―

 (なお当事務局では、このコーナーをより充実したものにすべく、ユーザー各位様の積
極的な参加を募っております。奮ってご参加下さるようお願い申しあげます)
☆ 会員の皆様には、別途、お願い書を郵送いたしますので、何卒ご査収のほど、よろし
くお願い申しあげます。
========================================

  (1)新コスモス電機(株)
製品名 :ARU-05/ARU-04/ARU-03
    小項目 :換気扇コントローラ
    製品概要:空気の汚れを検知し、換気扇の運転を自動でコントロール
         冷暖房による電気代及びCO2排出量の削減につながるなど省エネに最適
         http://www.dbnet.gr.jp/none/shop.php?id=B1040017

(2)(株)ダイケン  
    製品名 :アンダーハッチ
    小項目 :床下点検扉
    製品概要:4点ボルト固定と外枠パッキンゴムによる防水・防臭タイプ
         http://www.dbnet.gr.jp/none/shop.php?id=B1368113

   (3) 三基ルーバ(株) 
    製品名 :サンキルーバ
    小項目 :防水ガラリ
    製品概要:優れた防水性と通気性を持つタテ型防水ガラリ
         http://www.dbnet.gr.jp/none/shop.php?id=B0705001 

 (4)(株)エー・ビー・シー商会
    製品名 :カラートップSR
    小項目 :ウレタン樹脂系防水・耐久仕上材
    製品概要:防水性と耐久性の両方を兼ね備えた駐車場床に最適な
         複合塗膜防水材
         http://www.dbnet.gr.jp/none/shop.php?id=B0239055 
  
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

 3.秋のキャンペーン ♪無料で貴社の商品を本メールマガジンで紹介します♪

========================================

   期間限定 10月~12月
   貴社の目玉商品を本メールマガジンで全国の読者に紹介いたします。
   奮ってご参加下さい。
   詳細は以下のとおりです。

(1)貴社が広く普及させたいと思う商品のカタログかパンフレットを2部ご送付下さい。
(2)それをベースに、当事務局で紹介記事を作成します。
(3)作成した記事原稿を貴社にお送りし、担当者にご覧頂きます。
   適切でない箇所は手を加えて、修正して頂きます。修正原稿はお手数ですが、
   FAXかメールでご返送して下さい。その際は担当者のお名前を明記して下さい。
(4)当事務局で修正点を確認したのち、完全稿をメールマガジンに掲載いたします。
   商品紹介は1点か2点とし、記事原稿は1200字から1500字以内といたします。
   写真および図は、2点以内とし、商品写真と施工写真がベターです。

   なお、応募多数の場合は、掲載までに期間を有することがございますのでご了承
   願います。
  

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

 4.J・H のささやき VOL.16 『構造物のよもやま話~壁について(2)』

========================================

 こんにちは、ジェームス・ホントです
            
           《石灰石の産地は伊吹山と葛生》 

 壁の材料は時代と目的によって大きく異なりますが、日本で普遍的な材料は石灰
(せっかい。この中国音がなまって漆喰になったと言われています)に、スサと総称
される藁麻、海草、紙を混入したものです。貝殻を混ぜることもありますが、これは
高価で、なかでも牡蠣殻が高級でした。それらを木や竹で組んだ木舞とよばれる下地
に塗っていきます。
 石灰石の産地は、京都に近いこともあって、滋賀県の伊吹山がつとに有名でした。
 近世になってからは、野州(栃木県)の葛生が名をあげて行きます。ちなみに、
現在は両所に住友大阪セメントの工場があります。
 古代においては、左官業の主な需要先は寺社建築でしたが、やがて、貴族の寝殿造、
高級住宅へと需要を伸ばし、さらに戦国時代になって、城郭建築の隆盛と茶室の流行
にともなって、大きく成長します。つまり盛んになるわけです。
 愚生の住まいの近くに造り酒屋がありますが、そこは広大な敷地の中にあり、建物
の周囲はきれいな白壁に囲まれています。威容を誇る白壁は富の象徴であり、庶民に
は縁遠いものでした。
 小京都、あるいは小江戸と呼ばれる町には決まって見事な白壁があり、蔵の街には
付きものです。
 いまでも、壁の内側に鶴や綺麗な草花を配した見事な壁を見ることができますし、
壮麗とも言える壁画も残っています。
 そうした趣向は豪商のもので、徳川幕府も片腹痛しの思いでながめていたようです。
 しかし江戸時代の中期になると、一般家屋にも防火の観点から土壁が普及し、白壁
はようやく庶民のものとなりました。

          《近代建築にも対応》

 明治時代になって、あらゆる分野において西洋が日本の伝統的な世界に改変を迫っ
てきましたが、こと左官業においては、日本の技術はほとんど変わることなく対応で
きたようです。
 現在残っている明治時代の建物は、江戸時代までの日本の左官技術が、当時の西洋
の最新技術になんら遜色のないことを物語っています。つまり、あまり学ぶことはな
かったのです。
 とは言いながら、時の政府は明治19年に、洋風建築技術を習得するため、『ベッ
クマン貸費生』をヨーロッパに派遣しています。左官関係者が技術習得を目的にヨー
ロッパに行ったのはこれが最初で最後だそうです。
 
          《たかが壁、されど壁》

 壁も進化しています。強度は言うまでもなく、壁は外界から家を隔て守るものから、
省エネルギーを担う重要なパーツになっています。壁は、夏は暑さからひとを守り、
冬は寒さから守るものであらねばなりません。ひいては、優れた断熱性能を保持する
壁は、日本の将来の省エネルギー対策の一翼を担うものとならねばなりません。
 大袈裟に聞こえるかも知れませんが、これは真実です。
 一方、外壁は景観上、非常に大切なもので、自分の家だからどんな色をつかっても
自由だというわけには行きません。はなはだしく奇態なものは、やはり謹んでほしい
ものです。
 以前、東京の武蔵野市で、有名な漫画家が、途方もないデザインの家を建て、外壁
も奇妙奇天烈な色彩ということで、近隣住民から怒りの声があがり、裁判沙汰になっ
たことがあります。
 たかが壁、されど壁、というところでしょうか。

    参考図書《ものと人間の文化史45・壁・山田幸一著・法政大学出版局》

 最新の内・外壁材がお有りでしたら、dbNETでご紹介しますので、是非とも情報
をお寄せください。次回は『トイレについて』です。乞うご期待!
 こちらも情報をお待ちしております。
 というのが今回の結論でGOZAIMASHITA!  
                           
                         
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

 5.dbNETの会員様を募集中しております!

========================================
  
 dbNETファミリーはユーザー数を増やすことを目指しております。
 dbNETファミリーの皆様にはweeklyニュース(メルマガ)を配信させて頂いております。
  * 現在5000件の皆様へ配信中、未登録の方は、このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。 にご連絡下さい。
   希望者には配信致します。

  「サービス内容」は、http/www.dbnet.gr.jp


■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

 6.dbNETファミリーへのリンク

========================================

  ☆リアリムプロジェクト http://www.realim.jp/
・写真をもとに外壁や内装などCGパースシミュレーション

  ☆リフォナビ http://www.refonavi.com/
  ・住宅、マンションリフォーム会社総合情報サイト

  ☆ユ二クル http://www.dbnet.gr.jp/unicl/
       ・マンション改修のためのコストシミュレーションソフト

  ☆ケンサン http://www.refonavi.co.jp/
  ・建築・設計・設備業界情報満載!!建築検索エンジン

  ☆クローバー総合サービス㈱ http://cloverts.jp
・25年の実績を持つCAD集団、BIMのご相談、耐震改修に対応


■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

 7.編集後記

========================================

 日本一と言えば、まずは、富士山が思い浮かびます。まだまだ富士山熱は覚めていませ
 ん。なんと言っても日本の象徴ですからね。
 ところが、なんと驚くなかれ、富士山はほかにもあるのです。
 どこに? はい、栃木県にあります。日光の那須郡にあります。高さは、ご本家にくら
べると、羞恥のあまり身を縮めているかのごとく、1184メートルです。国際地学協会
が発行しているちゃんとした地図にのっています。全国に無数にあるΟΟ銀座とはレベル
が違います。
 多分、ご本家にあやかってつけたものと思われますが、いつ、誰が、発案したものなの
か、とても興味があります。静岡や山梨のひとがきいたら、僭越だ、不遜だ、名前を変え
ろ、返上しろとなるのでしょうか。それとも王者の風格を示して、いいよそのままで、と
オウヨウに言いますかね?
それにしても、栃木県人が『富士山なら、おらのとこにもあるぞ』と言ってもよいと思
うのですが、栃木県人は奥床しいのですね、ひっそりとしています。いやむしろ、ばれな
いようにひっそりとしているのでしょうか。
 みながみなガッツ石松のようなご仁ではないようですネ、栃木県人は。
 富士山は、不二山と表記されることもありました。つまり、ふたつとない、という意味
ですが、ふたつあったんですね。いや、驚きました!
 まあ、世の中でふたつとないのは、dbNETぐらいでしょうか?
 唯一性を保つのは大変ですが、秋が深まりゆく今日この頃、サンマをたべながら、良き
メルマガを発信しつづけてゆかなければ、との思いをあらためて強くしております。

 
 ++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

本システムの会員は常時募集しております。
http://www.dbnet.gr.jp/index.php/form/contact

本件に関する詳細なお知らせはこちらをご覧ください。
    http://www.dbnet.gr.jp./

▼【お問い合わせ先】
 本件に関してご不明な点がお有りの場合は事務局までお問い合わせください。
    ( URL:このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。  )
 
▼【メール配信停止】
    ( URL:このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。  )

▼【配信先メールアドレス・住所・連絡先など登録情報の変更】
    ( URL:このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。  )

   |
   ∥
‥‥ ∥ ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥………
   凸   ii  ii 発行:有限責任事業組合C-PES研究会
   ||  || ||  dbNET事業部 http://www.dbnet.gr.jp/
  ||  |::| |::| 〒102-0072 東京都千代田区飯田橋1-7-10 山京ビル別館3階
  囲囲  |::|_|::|   ×     ×    _    _上
  八八  |::::::::|  /┃\   /┃\  |::|-○╂|::::|
  ∧∧∧ |:::○:::| /│┃│\_/│┃│\ |::|-┼╂|::::|
 //⌒\V|::====::|─┴┴╂┴┴┴┴┴╂┴┴─|::: ̄ \|::::|
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
          ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~
☆★ メルマガ会員も募集中(無料) ★☆
  本メルマガに興味を持たれそうな知合いがいらしたら、転送してください。