建築・土木・設備製品・工法 総合カタログdbNET

〒101-0061 東京都千代田区三崎町3-2-10 寺西ビル4階

dbNET新着情報

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++
   ☆★☆   dbNET   Weekly ニュース    ☆★☆
                            【VOL.113  2017年 10月 13日】
 
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++

…………………………………………………………………………………………………
このメールはdbNETファミリーのユーザー登録時にメールアドレスをご記入いた
だいたお客様に送信しております
    Webサイト ◇http://www.dbnet.gr.jp
    Facebook  ◇http://www.facebook.com/dbnetgrjp
    Twitter  ◇http://twitter.com/dbNET12

…………………………………………………………………………………………………

■■■■■■□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
■■   今週のもくじ
■ 1. プロローグ
■ 2. dbNET会員紹介  ~株式会社ニッコン~
■ 3. J・Hのささやき 「福沢諭吉について(9)」
■ 4. dbNETファミリーへのリンク
■ 5. エピローグ
■       
□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□■■■■■■

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++
1.プロローグ

こんにちは、志摩です。
 
10月です。柿や梨がうまい季節ですね。
さてさて、またぞろ、選挙の季節になりました。
希望の党。良いネーミングですね。
が、しかし、これが『失望の党』になるか、はたまた『絶望の党』になりさがるの
か?
♪ 小池にはまって さあ大変 ♪

新党が生まれて、怒り心頭に発す、なんてシャレが言いたくなります。

明治以降、どれほどの政党が生まれ、消えたのか?
自由党、立憲同志会、立憲政友会、立憲民友党、国民党、進歩党、戦後では新自由
クラブ、民主党、民進党、そして今回の立憲民主党。
ああ、社会党がありましたね。一定の役割は果たしたと思います。
  
究極のネーミングは『理想の党』、『理想党』ですが、これは、あまりにも直接的
で、ちょっと、腰を引きますかね?
『嘘つき!』と言われそうですね。

共産党、その思想は好きではないのですが、ここは党名が一貫していますね。
戦前からあるんですから、筋が通っているというか、肝が据わっています。
そういう意味では大した党です。

選挙権は国民の重要な権利ですから、ちゃんと投票をしましょう。
うんざりしないで、政治に参加しているという意識を持つことは大切ですよ。
よく言われるように、政治(事)は、まつりごと、つまりお祭りですから。
 
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

2.dbNET会員企業紹介   ~株式会社ニッコン~

このコーナーでは、dbNET会員企業を順次紹介しております。
企業概要、事業内容は各社のホームページより抜粋しております。
是非一度アクセスしてみてください。

======================================

株式会社ニッコン(本社:東京都新宿区)は、“水のスペシャリスト”、ステンレス
製・FRP制・鋼製・アルミ製などのプールの設計施工をトータルでサポートする総合
プールメーカーです。

ニッコンのビジョンは“プールと健康の共生を図る。地域社会と国民に健康をお届け
する仕事”と定めています。

IOCのロゲ会長が手にしたカード“TOKYO 2020”。この瞬間、全国の日本人は歓喜と
歓声で涙した。
プール・温浴施設という水をコアとしたコンサルテーションから企画・設計・施工を
一貫して手掛ける弊社にとっても心強い追い風となる。
少子高齢化社会に突入して閉塞感が出てきた日本にオリンピック・パラリンピックは
国民に勇気と希望を与えてくれると実感した。

プール・温浴事業の新設が減少するなかで弊社は“リニューアルの達人”として常に
 Something New & Difference をキーワードとして、新しい視点で他と一味違う提案
や施工実績を着実に積み重ねて参りました。

お客様から選ばれるメーカーとしてあり続けるために、社員一丸となって取り組んで
参ります。


事業内容:プール・温浴施設の企画・設計・施工 他

  http://www.niconpool.com/


■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

3.ジェームス・ホントのささやき ~~『福沢諭吉について』~~ (9)
                      『学問のすゝめ』より

======================================

『学問のすゝめ』の第7編は、『国民の職分を論ず』です。

『人民はすでに一国の家元にて、国を護るための入用を払うはもとよりその職分なれ
ば、この入用を出すにつき、決して不平の顔色をあらわすべからず。国を護るために
は役人の給料なかるべからず、海陸の軍費なかるべからず、裁判所の入用もあり、地
方官の入用もあり、その高を集めてこれを見れば大金のように思わるれども、一人前
の頭に割り付けて何程なる ~中略~ 一年の間に僅か一、二円の金を払うて政府の
保護を被り、夜盗、押し込みの患いもなく、独り旅行に山賊の恐れもなくして、安穏
にこの世を渡るは大なる便利ならずや。
およそ世の中に割合よき商売ありといえども、運上を払うて政府の保護を買うほど安
きものはなかるべし』

国家には色々と金が入用で、トータルすると大金に思われるが、一人一人の出費は一
円か二円程度だから、ちゃんと払おうや、それで、世の中安穏に暮らせるんだから、
という話です。
至極もっともな話で。
この7章では、税金のことを『運上』と言っています。
ただし、政府が暴政を行う場合は、正理をもって政府に迫るべきだと言います。

『たとい暴政府といえども、その役人もまた同国の人類なれば、正者の理を守て身を
棄るを見て、必ず同情相憐むの心を生ずべし。
すでに他を憐むの心を生ずれば、おのずから過ちを悔い、おのずから胆を落として必
ず改心するに至るべし』

政府に対して、かなり楽観的な言辞が続いています。
しかし、一方では、次のように記述します。

下総(千葉県)の名主に、かつて、佐倉宗五郎という義民がいました。
重税に苦しむ領民のために、将軍に直訴し、妻子共々、磔になりました。
福沢はその佐倉宗五郎を引き合いに出して、日本で唯一の『殉教者』として称揚して
います。
『人民の権義(権利)を主張し、正理を唱て政府に迫り、その命を棄てて終わりをよ
くし、世界中に対して恥ることなかるべき者は、古来唯一名の佐倉宗五郎あるのみ』
苛斂誅求(かれんちゅうきゅう)という言葉があります。
税を厳しく取り立てて、国民を苦しめることです。
宗五郎は義憤にかられて、勇敢にも行動しました。

総理は消費税のつかいみちについて言及していますが、ホントに税金の『正当なつか
いかた』というのは難しいですね。
万民が納得するような方策はないでしょうね。
こっちを立てればあちらが立たず。

福沢はこの章の最後をこう締め括っています。宗五郎讃歌ですね。
『他日これを記してその功徳を表し、もって世人の亀鑑(かがみ)に供すべし』


■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

4.dbNETファミリーへのリンク

======================================

☆リアリムプロジェクト   http://www.realim.jp/
  ・写真をもとに外壁や内装などCGパースシミュレーション

☆リフォナビ   http://www.refonavi.com/
  ・住宅、マンションリフォーム会社総合情報サイト

☆ユ二クル    http://www.dbnet.gr.jp/unicl/
  ・マンション改修のためのコストシミュレーションソフト

☆住彩    http://www.jusai.jp/
  ・CGパース「未来写真」の事ならお任せください

☆クローバー総合サービス㈱ http://cloverts.jp
  ・25年の実績を持つCAD集団、BIMのご相談、耐震改修に対応


■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

5.エピローグ

総理が生産性革命、人づくり革命と発しました。
いやはや、大仰な言葉を吐いたもので。
で、革命について書きます。
革は、あらためる、と読みます。
天命をあらためる、かえる、が革命です。
現在の統治者(天子)は間違っている、不徳であり、権力、権威に正統性はない、だ
から世の中を変えるんだ、という考えです。
中国では天子の姓を易(かえ)るから、易姓(えきせい)革命と言います。

皮革製品と言いますね。
動物の皮、つまり加工していないカワを『皮』、熊や虎の皮の敷物がありますが、あ
れこそが毛皮。
一方、加工したカワを『革』と呼びます。なめし革ですね。
革靴、革バンドはいずれも加工したカワなので、革を使います。
だから、皮靴とは言いませんね。
(日本の古代においては、鳥皮靴というものがあって、想像するに、加工していない
鳥の皮で足をくるんでいたんでしょうね)
 
で、変革、改革、という言葉が出てきます。
総理の外祖父の岸信介は昭和10年頃、『革新官僚』と呼ばれていました。
阪神タイガースの金本監督、去年は『超革新』とか『超改革』とか言ってましたね。
今年は、その成果が出たようです。
お見事!

世界史ではイギリスのピューリタン革命、フランス革命、ハイチ革命、アメリカ独立
革命、ドイツ革命、ロシア革命、辛亥革命、キューバ革命。
中国では、毛沢東の時代に文化大革命という野蛮な運動がありました。
英語ではレヴォリューションですが、辞書を見ると、最初に出てくる訳語は回転です。
拳銃のリヴォルバー、回転式ピストル。
日本では、敗戦直後に『8月革命』という言葉がささやかれました。
 
世の中を変えるにも、良く変える(改良)のと悪く変える(改悪)のがあるので、甘
言にまどわされないで、沈思熟考して、投票しましょう。
昔、高名な政治学者が、自嘲気味に語ったことがあります。
『日本も変わるが、変わり方は変わらない』
ううん……とにかく、選挙は国民が賢明であることを示す良い機会です。

今回も長くてスミマセンが、追記したくなったので。
 
アメリカで、また途方もない乱射事件が起きました。
58名が死亡とか。
重体者がいれば、その数は今後増えるでしょう。
なぜ、アメリカで『刀狩り』、つまり銃規制ができないのか?
1791年に設けられた修正憲法(アメンドメント)第2があるからです。
(修正と言うよりは、実質は加憲ですね)
それでは、なぜ、こんな憲法があるのか?

キザですが、少し英語をはさみますね。
『規律ある民兵(市民軍・a well regulated  militai)は、自由な国家の安全のた
めに必要であり、人民には武器を保有し武装(bear arms)する権利がある』
イギリスとの独立戦争(1775~1783)では、民兵が従軍しました。
当時のアメリカは独立国家としてはいまだ草創期で、現在のような軍隊はロクになか
ったのです。
これでは強力なイギリス軍にはとても太刀打ちできない。
で、勇敢な民間人が多数集まって、民兵としてイギリスとの戦争に参加しました。
戦後、民兵たちは供与された銃を保持したまま故郷に帰りました。
イギリスに勝利したとは言え、独立間もない時期でしたから、イギリスに対する恐怖
が根にあったのでは?
『やつらは、またやって来るだろう』
  
これを心理的基盤として、諸々の条件が十重、二十重に重なって、銃保持容認論に厚
みを増して行ったのではないか?
たとえば、先住民に対する恐怖、獰猛な野生動物に対する恐怖、奴隷として使役して
いた黒人への威圧、奴隷の叛乱・反抗に対する防御、鎮圧、等々。
銃器が必要になる。
さらに、趣味としての鹿狩りがそれらに加わる。
修正憲法ができたあと、実際、第二次米英戦争が勃発しています。
 
またアメリカはとにかく広大なので、事件があって警察に通報しても警察署が遠方に
あるためすぐには来てくれない。
で、銃を持った賊を撃退するには銃が必要になる。手っ取り早い。
そうしたことも、銃の保持が自明化したことの一因ですね。
 
しかし、もはや開拓時代でも奴隷制時代でもないのだから、『銃の保持を禁ずる』と
すればいいのにと思うのですが……
だいたい、現在は民兵はいないでしょう。各州には州兵がいますから。
改憲すべきなんですよ。
前例があります。
悪名高い『禁酒法』は、1919年の修正憲法第18です。
しかし、1933年の修正憲法第21にはこうあります。
『第18の修正憲法はこれを廃止する』
つまり修正を修正する。
 
しかし、これは理想です。
当然、無理です。銃保持賛成派と銃器産業は激しく抵抗するでしょう。
で、たとえば、殺傷能力に応じて銃をランク分けし、高いものから順次没収し販売・
購入を禁止する。漸進主義ですね。
銃を隠匿する輩もいるでしょうから、これは大変な労力です。
百年以上かけて『銃狩り』をやる。

今回の事件を見て、次のように考えている野蛮人(銃病人)がいるかも知れません。
『そうか、死者は58人か、よし、おれがその記録を破ってやろう、70人にするか』
アメリカは自由の国ですが、こんなことでは『恐怖からの自由』は縮減するばかりです。

イヤなニュースばかりのところに、良いニュースが入りました!
日系イギリス人のカズオ・イシグロがノーベル・文学賞をゲットしました。
名前は知っていましたが、作品を読んだことはありません。
イギリス人も日本人も喜びに浸っていますから、これはニ国にわたる朗報ですね。 
 
それと、グラビア・アイドルの壇蜜さんが、『省エネ住宅推進大使』に任命されました!
これもグッド・ニュース、なんだかホンワカするニュースです。 
皆さんの前に『現場を見学させて下さい!』
なんて危ない服装で突然現れたらどうします?
志摩なら蛙のように飛びつきますね。
 
この季節、白物を食べるのがカラダにいいそうです。
大根、株、梨が推奨品です。
皆さん、たくさん食しましょうね。

======================================
最後までお読みいただきありがとうございました。
メルマガ会員も常時募集しています。(会費は無料)
本メルマガに興味を持たれそうな知合いがいらしたら、是非ご紹介ください。

▼【お問い合わせ、新規ご登録等】
 本件に関してご不明な点がお有りの場合は事務局までお問い合わせください。
    ( URL:このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。
  )
 
▼【メール配信停止】
    ( URL:このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。
  )

▼【配信先メールアドレス・住所・連絡先など登録情報の変更】
    ( URL:このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。
  )

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

  発行:有限責任事業組合C-PES研究会 dbNET事業部 
               http://www.dbnet.gr.jp/
     〒101-0061 東京都千代田区三崎町3-2-10 寺西ビル4階

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥