建築・土木・設備製品・工法 総合カタログdbNET

〒101-0061 東京都千代田区三崎町3-2-10 寺西ビル4階

dbNET新着情報

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++
   ☆★☆   dbNET   Weekly ニュース    ☆★☆
                            【VOL.118  2017年 12月 22日】
 
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++

…………………………………………………………………………………………………
このメールはdbNETファミリーのユーザー登録時にメールアドレスをご記入いた
だいたお客様に送信しております
    Webサイト ◇http://www.dbnet.gr.jp
    Facebook  ◇http://www.facebook.com/dbnetgrjp
    Twitter  ◇http://twitter.com/dbNET12

…………………………………………………………………………………………………

■■■■■■□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
■■   今週のもくじ
■ 1. プロローグ
■ 2. dbNET会員紹介  ~ナイガイ株式会社~
■ 3. 会員情報  ベンチャーマテリアル㈱の「エコフィックス」が
■                  『 東京都ベンチャー技術 優秀賞』 を受賞       
■ 4. dbNETファミリーへのリンク
■ 5. エピローグ
■       
□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□■■■■■■

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++
1.プロローグ

こんにちは、志摩です。
 
今年最後の駄弁となりました。
寒中忙有りの日々だと拝察致しますが、どうかお付き合い下さい。

NHKが最高裁で勝ちました。くっ!
受信料の件です。負けた側には、大変な額の支払い義務が生じました。
以前も書きましたが、志摩はテレビを持っていません。
判決が出た一週間後、NHKの人間が早速やってきました。
いわく。
『テレビを購入したら、きちんと申告して下さい』
志摩は、勝訴したものだから、NHKは急に強気になったなと呆れ、かつ、おかし
く思いました。
『やれやれ、勝ち馬に乗るってやつだな』
 
数年前、当時、民主党だった岡田克也議員が国会で、NHKの籾井会長に質問した
ことがあります。
『NHKの職員の平均年俸はいくらですか?』
籾井会長は、『福利、厚生費をふくめると』と前置きしてから驚愕すべき額を言い
ました。確か1500万以上でした。
平均ですよ!
興味のある方はネットで調べてみて下さい。
国会答弁はすべて記録が残っているはずです。
 
籾井会長は、かねてより受信料は下げるべきだとの意見の持ち主でしたが、経営委
員会では却下された由。
ところで、公共料金って、なんでしょうかね?
水道、電気、ガス、それらはいずれも使用量が計量できる。
テレビ、見ているか見ていないか、計量できませんよね。
ふざけた奴らだ、というのが志摩の感想です。
(ドイツではテレビの有無にかかわらず、受信料を徴収されるそうです。四の五の
言わせない確たる税金という考え方なんですね)
 
まあ、志摩はテレビを買うつもりはありませんから、かまいませんが。
来年のサッカーのワールドカップは近所のラーメン屋で見ます。

今年の漢字は『北』だそうです。
良い文字ではないので、感じが悪いなあ、と思いました。
で、北という文字について、お話しします。
北の字源は、人間が背中を向き合っている姿を表わしています。
そむく、にげる、まける、と読みます。
下に月(ニクヅキ)を付けると、背中の背になって、背任・背信行為という言葉が
思い出されます。さらに敗北という言葉があります。
敗南とは言わない。
 
面白いもので、例えば歌謡曲を見ると、北の使われ方がようくわかります。
小林旭の『北帰行』、『北へ』、石川さゆりの『津軽海峡冬景色』、いずれも失恋、
傷心、無念残念と言った負の感情を表現するのに、『北』は使われます。
実は旭の『北へ』は志摩の愛唱歌で、『俺は明日もまた 北へ流れる』♪というセ
リフが好きなんですよ! 

とにかく、必ずや北方の地が舞台になる。
傷心を癒したいのなら、温かい土地、例えば、沖縄にでも行けばよいのですが、
それでは、歌にはならない。サマにならないんですね、これが。
すぐさま気分転換して、アッパラパーになって、涙も乾かないうちに新恋人ができ
てたちまちにして元気になってしまう。
だから、傷心の思いを抱いて、南に旅に行く、なんて歌はきいたことがない。
ここは、寒い北に行って、さらに傷心の度合いを深めてこそ、共感を呼ぶ歌になり
ます。
身もだえするような深い哀愁に己が身を浸す。
屈折したロマンティシズムですね。 
 
あるいは、自虐趣味とも言えますが、日本人はこれが好きなんですね。
いえ、あくまでも、歌謡曲の世界の話ですがね。
話は転移しますが、自虐史観はいけません。自賛史観も良くない。
自省史観でどうでしょうか? 自らをかえりみる。

敗北の反対は勝利。
今年は自民党、NHK、そしてボクシングの村田諒太が勝利者となりました。
プロ野球ではソフトバンク。
あっ、それとスプリンターのジェット桐生君。
白鵬ですか? ううん、ふむふむ、今回はパス。ノーコメント。

そこで思うのは、エンジェルスに入団した大谷君のことです。
来年はアメリカ人の度肝を抜くような活躍を見せて、勝利の美酒を味わって欲しい
ですね。
 

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

2.dbNET会員企業紹介   ~ナイガイ株式会社~

このコーナーでは、dbNET会員企業を順次紹介しております。
企業概要、事業内容は各社のホームページより抜粋しております。
是非一度アクセスしてみてください。

======================================

ナイガイ株式会社(本社:東京都墨田区)は1923年に保温保冷工事の草分け企業とし
て駒込坂下町(現文京区千駄木)の地に産声を上 げて以来90年以上にわたり全国の
建設工事に参加しております。

創業以来の業種である保温保冷工事に加え耐火被覆工事の分野にも進出し、一般的に
は単一工事 のみを行うことが常態である専門工事分野において特異の存在として
ご認識いただいております。
 現状に満足することなく今後も新たな分野への進出に挑み続け、多種の工事を複合
受注し利便性の 高いワンストップサービスを提供することができる『総合工事企業』
としての地位を確立し、より 一層お客様と社会のニーズにお応えすべく鋭意努力して
まいります。
そして当社が提供するワンストップサービスの成果により快適空間の確保や環境保全
の促進に努め CSRを果たしてまいる所存です。

事業内容
〇建築設備関連
 空調・衛生設備に伴う保温・保冷・防露工事の設計・施工、他
〇建築関連
 ロックウールの吹付けによる「サーモテックス・サーモテックスSW」の鉄骨耐火被覆、
 断熱、吸音工事の設計・施工、他
〇工業プラント関連
 各種工業プラントに伴う保温・保冷・断熱工事の設計・施工、他
〇産業設備関連
 空調ケーシング・乾燥トンネル・冷凍冷蔵室・恒温恒湿室等に関する工事の設計・施工 
〇防音関連
 空調・衛生設備に伴う防音(消音・遮音)工事の設計・施工 

    http://www.naigai-co.co.jp/
  

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

3.会員情報 ベンチャーマテリアル㈱の「エコフィックス」が
                 『東京都ベンチャー技術 優秀賞』 を受賞

======================================

ベンチャーマテリアル㈱の一押し商品『 エコフィックス 』が「中小企業世界発信
プロジェクト2020」 の一つである「世界発信コンペティション」にエントリーし、
省エネ素材の技術が高く評価され『 東京都ベンチャー技術 優秀賞』 を受賞いたし
ました。

「エコフィックス」は、布でできた断熱素材で、カーテンやロールスクリーンなど窓
周り商品に使用すると、夏は7度遮熱・冬は4度保温しながら、太陽光を採光し室内に
光を拡散し室内が明るくなります。

これから本格的に寒くなります。「エコフィックス」は、オフィスなどの「窓の結露
の防止」と「足元の冷え」対策にもなります。

「エコフィックス」は、窓からの冷気の侵入を防ぐ効果があるため、朝、出社した時
も前日の室温を保温しており、空調を入れるとすぐに温かくなります。
さらに、日中も冷気の侵入を防ぎ、冷たい空気が下にたまることで起こる「足元の冷
え」対策にも効果を発揮し、結果的に、冬場の空調負荷の軽減=省エネに貢献します。

  http://www.venturematerial.co.jp/


■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

5.エピローグ

今年の春、恒(ひさし)というお名前の、爽やかな好青年と酒席を共にしました。
つね、とも読みますが、名刺を見て、いい名前だなあ、と咄嗟に思いました。
そして、名付けたひとは、なかなかの教養人であるなと思いました。
なぜか?
かつて、秩父セメントという会社がありました。
秩父セメントは、小野田セメント、日本セメントと合併し、大所帯の太平洋セメント
の一翼を担うことになりましたが、今でも、旧秩父セメントの出身の方がおられるか
どうか、詳らかにしませんが、名門企業でした。
 
で、秩父セメントの関連会社に行くと必ず、『恒心なきものは恒産なし』という額が
壁にかかっていました。あるいは恒心なくして恒産なし。
秩父セメントは、近代日本の資本主義の祖と言われた、渋沢栄一(1840~193
1・埼玉県深谷市の豪農出身。渋沢家からはその後、民俗学者の渋沢敬一、フランス
文学者の渋沢龍彦が出ています)の後押しで創業された会社で、大実業家渋沢翁はこ
の言葉をことのほか愛していました。
渋沢翁は論語狂でしたので、志摩はてっきり、この言葉の出典は孔子の論語だと思い
こんでいたのですが、調べてみたら『孟子』でした。
言葉の意味は、恒心、つまり一定不変の常なる心がなければ、常なる生産はない、何
も生み出せないということです。
常に仕事に心を砕いていれば、必ずや、良き成果を得られるであろう、とも解釈でき
ます。
勝利を得るには、だから、恒心が必要ということですね。
人間は弱いものですから、目標を持っていても、どうかすると、なまけたり、くじけ
たり、弱気になったりと、心を一定状態に保つのは難しいのですが、そんな時こそ、
この言葉を思い返したいものです。

最近、セレンディピティ(serendipity)という言葉を知りました。
辞書には『あてにしてないものを偶然に発見する才能』とあります。
 
もうかなり前から、技術者の間では周知の言葉だったらしいのですが、無知な志摩は
知りませんでした。
さらにこの言葉は思わぬ幸運を待つ心構え、思わぬ幸運を見逃さない明敏さともあり
ます。
考えてみると、ペニシリンでも、湯川秀樹の中間子理論でも、偶然に見出されたもの
です。偉大な発明、発見は、往々にして、偶然の産物であるケースが多い。
しかし天の配剤が目の前に訪れたその刹那、ボンヤリしててそれに気が付かなければ、
それは無情にも眼前を通り過ぎて、二度と訪れません。
神の尻尾は逃げ足が速い。

しかし、恒心があれば、常に油断なく身構えて、それをキャッチできます。
そして甘き勝利の果実が、熟した柿のように掌中に落ちます。
心はあたかも温暖なる南にいるような快さで満たされるでしょう。
読者諸兄が、公私にわたって、『これがセレンディピティってやつか』と破顔一笑で
きる経験を何度もされんことを祈念して、今年の最終稿と致します。
 
少し気が早いのですが、春を待つ心境を歌った明治大帝の御製をご紹介致します。
~~てる月の 光はいまだ寒けれど 春にかはらぬ 梅が香ぞする

今年もお付き合いを賜り、激甚なる感謝を申しあげます。
ありがとうございました。
あいや方々、良きおんとしをお迎えくだされエイ!
 
~~てる月の 光はいまだ寒けれど 春にかはらぬ 梅が香ぞする~~
                       明治大帝 御製

======================================
最後までお読みいただきありがとうございました。
メルマガ会員も常時募集しています。(会費は無料)
本メルマガに興味を持たれそうな知合いがいらしたら、是非ご紹介ください。

▼【お問い合わせ、新規ご登録等】
 本件に関してご不明な点がお有りの場合は事務局までお問い合わせください。
    ( URL:このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。
  )
 
▼【メール配信停止】
    ( URL:このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。
  )

▼【配信先メールアドレス・住所・連絡先など登録情報の変更】
    ( URL:このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。
  )

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

  発行:有限責任事業組合C-PES研究会 dbNET事業部 
               http://www.dbnet.gr.jp/
     〒101-0061 東京都千代田区三崎町3-2-10 寺西ビル4階

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥