建築・土木・設備製品・工法 総合カタログdbNET

〒101-0061 東京都千代田区三崎町3-2-10 寺西ビル4階

dbNET新着情報

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++
   ☆★☆   dbNET   Weekly ニュース    ☆★☆
                            【VOL.125  2018年 4月 13日】
 
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++

…………………………………………………………………………………………………
このメールはdbNETファミリーのユーザー登録時にメールアドレスをご記入いた
だいたお客様に送信しております
    Webサイト ◇http://www.dbnet.gr.jp
    Facebook  ◇http://www.facebook.com/dbnetgrjp
    Twitter  ◇http://twitter.com/dbNET12

…………………………………………………………………………………………………

■■■■■■□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
■■   今週のもくじ
■ 1. プロローグ
■ 2. dbNET会員紹介  ~ロンシール機器株式会社~
■ 3. J・Hのささやき 
■ 4. dbNETファミリーへのリンク
■ 5. エピローグ
■       
□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□■■■■■■

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++
1.プロローグ

大谷君、すごいですね。
マラソンなら、まあ5キロ通過といったところでしょうか。
ホームラン、40本は行くのでは?
怪我だけが心配です。
 
いまではすっかり『古い話』になってしまいましたが、例の国会中継、聞いていて
やんぬるかな、と思いました。
質問した野党議員と、それにこたえる元官僚の双方に落胆させられました。
 
まずは、エリート(とされている)の元財務官僚の陳述です。
『刑事訴追の恐れがあるため、答弁は差し控えさせて頂きます』の連発でした。
佐川急便ならぬ佐川逃弁?
『三十六計逃ぐるに如かず!』といった光景でした。
 
で、志摩は思いましたヨ。
野党議員に『刑事訴追がそんなに怖いのですか』と語りかけて欲しかった、と。
敗訴しても、たかがムショ暮らしの数年、罰金刑でも知れているでしょうに。
罪人になったら名誉にかかわる?
正直に答弁しないことこそ、末代の名誉にかかわるのです。
勇気を出して、答弁すれば、 後世、歴史家が賞讃してくれますよ。
 
『刑事訴追』という言葉をきくと、追及する側も、『そだねえ』と納得してそれ
以上は何も言えなくなる。自分たちも同じ立場になったらと想像して、引き下が
ってしまう。
シャッターがドーンと落ちて、それっきり。
権利ですから、仕方ない。
でも、ようく考えると、得心がゆかない。
ここでは、現代の一般通念を越えた、理想を書きます。
理想とは、飛躍的な思考のことですからね。
(あらかじめ書いておきますが、今回の騒動の真実、志摩にはわかりません。
軽薄な総理夫人が招いたドタバタ劇、英語ならバーレスク、フランス語なら
ファルスとしておきます。
ここで述べるのはそれとは次元の違う話です。
述べるのは、エリートと言われる人間のあるべき姿についてです)
 
志摩なら、『己れの保身がそんなに大切なのですか。もし訴追されても、それは
あなたに非があるからで、甘受すべきです。
もし有罪となっても、無期刑や死刑に処されるわけではないですよ。
罪人になることを恐れずに正直に吐露したらいかがでしょうか。
人間は誰でも自分は可愛い、しかし、公僕たるもの、国家のために身命を賭すもの
です。
政権や一部の人間を守るものではなく、国民、国家を守るものではありませんか。
たかが訴追を恐れる人間に、国民や国家が守れますか! まったくもって笑止なり。
あなたは公僕ではなく、私僕だったのですね。公僕を返上して下さい』と語りかけ
ます。 
 
野党の議員に、誰か言って欲しかったなあ。
あまりの暴論(ホントは正論)にシーンとしたか、人権蹂躙だあと怒号が飛び交っ
たか? 佐川氏はどうこたえたか? 沈黙、絶句か?

明治、大正時代には、テロを恐れずに、物申した政治家、官僚、あるいは言論人が
ごろごろいました。福沢諭吉、児島惟謙、斎藤隆夫、石橋湛山しかり。
明治維新は、そうした気骨ある男どもの先達がなした偉業でした。
新撰組が怖くて倒幕運動が出来るか、国事犯になることが怖くて動けるか、という
気概でした。
 
以前も書きましたが、イギリスのエリートは、いざ戦争となれば、真っ先に志願し
て戦地に赴きました。だから、エリートなんですよ!
刑事訴追どころの話ではない。死が待っているのです。
死を恐れて逃げた、と指弾されることを最も恐れたのです。
 
庶民ではない、国家の中枢にいるエリートにはそうした気概を持って頂きたい。
左遷、降格を恐れない。義のためなら獄舎につながれることも恐れない。
殉教者になれと言っているわけではありません。
高い志をもって、好きで選んだ職分ではありませんか。
 
いわんや、佐川氏はもう退官しているのだから、腹をくくって、正直に答えて欲し
かった。
『生身の人間だから弱い』ことは承知しておりますが、『訴追の恐れがある場合は
答弁しなくともよいという権利』の外に己れの身をさらして、発言する勇気を見せ
て欲しかった。
『訴追がそんなに怖いのですか』といった語りかけは、佐川氏のみならず、全議員
にもなにほどか響いたはずです。
響かない? それほど、あの空間に参集された方々は劣化している?
そ、そんなあ!

ないものねだりは重々承知しておりますが、官僚ファンであるがゆえに、つい、ド庶
民の愚痴が出ました。

 
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

2.dbNET会員企業紹介   ~ロンシール機器株式会社~

このコーナーでは、dbNET会員企業を順次紹介しております。
企業概要、事業内容は各社のホームページより抜粋しております。
是非一度アクセスしてみてください。

======================================

ロンシール機器株式会社(本社:東京都千代田区)は『豊かな環境づくりに挑戦する』
をコンセプトに、より人間的な人と物との関わりを持ちたい、人と自然との関わりを
もっと大切にしたい。そして、健康でより豊かな生活環境を拡げたい・・・・・・・。

このような願いをこめて、常に新しい可能性を追求し、快適な生活空間を創造してい
きます。

事業概要
  衛生陶器、ろ過機、その他住宅機器販売


    http://www.lonsealkiki.co.jp/
 


■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

3.ジェームス・ホントの(掌編小説)コーナー 『心づくし』
                      
======================================

明男は走る自転車の荷台に乗っていた。
少し冷たい風が頬をなでてくるが、なんだかとっても気持ちがいい。
 床屋のおにいさんが、暗くなったから、家まで送ってやると言ってくれたおかげで、
明男は自転車に乗っていた。サドル下の、クッション用のスプリングに両の指を軽く
そえて。

「ありがとうございました」という声を背中に受けながら、引き戸をガタガタと開けて、
さっぱりとした頭で床屋から出ると、あたりはすっかり暗くなっていた。
明男が十メートルほど歩を進めると、まもなく、背後から、坊や、家はどこだいと声を
かけられた。振り返ると、頭を刈ってくれたイガグリ頭の、浅黒い顔のおにいさんが駆
け寄ってきた。笑顔を浮かべている。
「坊や、ええと、青木君だったね、家はどこだい?」とまたきかれた。
明男は、なぜそんなことをきくんだろうと思いながら説明した。
「ああ、わかった、あの修道院の先の、千寿橋の手前だな。暗くなったから、自転車で
送ってやるよ。乗っていきなよ。わけねえから。一キロちょっとだな」
思いがけない優しい言葉に明男は驚き、とまどったが、ことわる言葉が見つからなくて、
だまって受けいれた。
やがて、ひどく大切にされているような気持ちがしてきて、嬉しさで心が躍るのをおぼ
えた。田口理髪店は、K駅に向かう大通りの坂の下にあった。
 八歳の明男は月に一度、母からお金をもらって、そこで頭を刈ってもらう。いままで
も、頭を刈ってもらって外に出たら暗くなっていた、ということは何度もあったが、こ
んなに親切で優しい言葉をかけられたことはなかった。暗くなったから家まで送ってく
れる! 
暗いと言ってもこの時間なら人の往来もあり、ポツリポツリとある街灯も蛍のように光
っている。
こわいことも危ないこともない。いつもひとりで、あるいは友達と歩いている慣れた道
だった。だから明男はほんとに嬉しかった。
自転車の荷台と言えば、銭湯に行く時に父の自転車の後ろに乗るぐらいで、他人に乗せ
てもらうのは初めてだった。なんだか自転車以外の、とても素敵な乗り物に乗っている
ような快さだ。それに、夜道をこんな速さで通過していると、違う道を進んでいるよう
な、不思議に愉快な気持ちにも誘われる。
 のぼり坂に差しかかって、ふと空を見あげた。いくつもの星がチカチカと光っている。
明男はうきうきとした気分で、金のボタンが夜空にばらまかれている、誰がやっている
んだろうと思った。
銭湯の帰り道、老いた父の漕ぐ自転車は牛のようにのろのろと走った。そしてのぼり坂
に差しかかると、父はかならず明男に荷台から降りるように言った。
父は何度か挑戦はしてみたものの、歳の割にはからだの大きな明男を乗せたまま、この
坂を登りきることはどうしても出来なかった。
「きつい、駄目だ、明男、降りろ」と父は苦しげな声で、吐くように言う。
それで明男が、ここでいったん降りたほうがいいと思って、あの、と声を出しかけた時、
そんな明男の心を読んだように、おにいさんは力強く言った。
「坊や、おりなくても大丈夫だから、こんな坂」
「はい」
「それ、それ」とおにいさんは声を張りあげ、腰を高くあげてペダルをこいでずんずん
前進した。すごいなあと明男は感心したが、おにいさんが息を荒くしていることはわか
った。
それでも父とは段違いだった。
「よしっ、なんのなんの」とまた声をあげた。
そして、長い坂をなんなくのぼり切ったので、明男は前のめりにしていた上体を起こした。
ここまで来れば、もう家は眼の前だった。
「ありがとございました。もうここで」
「ええ、もういいのかい?」とちらっと振り返って明男を見た。
そう言ったおにいさんは、息をゼイゼイさせ、肩を大きく上下させている。
「青木君重いねえ、おとなになったら、相撲取りになるといいよ、ハハハっ」
明男はクスっと笑いながら、少しすまない気持ちになった。
「……はい、ほんとに」
「遠慮しなくていいよ。じゃあ、あの修道院のちょっと先まで」
「はい」
明男は、おにいさんのような年齢のひとと話すのは初めてだったので、いくらか緊張して
いた。自転車はゆるゆると進んで、鬱蒼とした樹木に覆われた修道院を越えた。
明男にとって、修道院は不気味な、得体の知れない場所だった。
全身を黒い布でスッポリと包んだ修道女が、無言でぞろぞろと歩いているのを目にするた
びに、明男は、あのひとたちは、悪いひとなんだろうかと思ったりした。
「じゃあ、ここらでいいかな」と自転車はとまった。
「はい、ほんとに、ありがとうございました」
明男は荷台から降りた。白衣を着たおにいさんがとてもまぶしく見える。
「おやすいご用だよ。毎月来てくれるお客さんだからね」
おにいさんはニッコリ笑うと自転車の向きを変え、さて、と声を出してペダルを漕ぎはじ
めた。
上着の白い背中がどんどん小さくなって、その先に滝でもあるかのように、それはあっと
言う間に坂の下に飲み込まれた。ほんとに一瞬だった。
明男は大通りを少し進んでから、八百屋の手前を左に折れて、家がゴチャゴチャと建て込
んでいる路地に入った。ラジオの音や赤ん坊の泣き声が降るように耳に入ってきた。
母の待つアパートに向かう。
なぜ、あんなに親切にしてくれたんだろう、と考えた時、ふと店の鏡に映った、田口君の
ふっくらとした顔が浮かんできた。

その床屋は、椅子がいくつもある大きな店で、待たされることもたまにあったが、明男が
入った時、客はいなかった。そのせいか、普段よりもよりさらに広く感じられる店内で、
明男はいつものように、髪を切ってもらう間、目をつぶり、鋏のチョキチョキという音を
きくともなしに聞いていた。
と、不意におにいさんが、おっと小さな声をあげたので、明男は思わず目を開けた。
正面の大きな鏡の右側に、かつて同じ組だった田口君の顔が映っていた。職人の出入り口
になっている、ガラス格子の引戸を開けて、田口君が顔を突き出している。
「ミツル坊ちゃん、どうした?」とおにいさんが一瞬手を休めて振り返って声をあげた。
田口君は無言で少しうなずいただけだった。
田口君は眼鏡の奥の瞳を光らせてあれっという表情で明男を見ている。明男も驚いた。
にっと笑ってこたえると、田口君もニコニコして、しばらく明男をながめていたが、やが
て、はにかんだように目を伏せると、そっと戸を閉めてしまった。
田口君が床屋の子だったとは知らなかったので、明男はしばらく驚いたまま、腰かけてい
た。
組の中には、親が商売をしている家庭の子が多かった。炭屋、果物屋、魚屋、パン屋、肉
屋、花屋など。   
田口君は、みんなとは少し違う子だった。それでいつも誰彼ともなく田口君をからかった
り、馬鹿にしていたりした。
ある日、教室の片隅で、田口君がニ、三人の生徒に小突かれているのを眼にしたことがあ
った。
生徒たちは口々に何か言いながら、身をすくめるだけの無抵抗の田口君をなぶっていた。
哀しげな田口君の髪を引っ張り、肩や胸を突き、軽く叩いたりしている。
はじめて目にする、イヤな光景だった。
怒りをおぼえた明男はとっさに割って入って、やめろよと声をあげた。
組で一番からだの大きな明男が唸るようにそう言うと、みんなは逃げるように散った。
田口君はそれから間もなく、同じような生徒が集まる特別な組に入ったので、もう学校で
顔を合わせることはなくなっていた。
だから明男は田口君のことはすっかり忘れていた。
と、明男がドライヤーで頭を乾かしてもらっている時、田口君がまた顔をのぞかせた。
オズオズとしながらも、笑いを含んだ顔で明男をみつめている。
「ミツル坊ちゃんの友達かい?」と今度は手を休めないで、おにいさんが鏡の奥の田口君
に呼びかけた。田口君はそうだよとささやくと、しばらく間を置いてから、今度は青木君
だよと大声をあげた。そして何度も大きくうなずいて頬を赤らめた。
「そうか、ミツル坊ちゃんと青木君は友達なんだ」
おにいさんが嬉しそうに言った。
明男はくすぐったい気持ちになって、頬がどんどん熱くなるのをおぼえた。

アパートの前に立った時、明男はようやく、ある思いに突き当たった。
田口君は、あの時の小さな出来事をおぼえていて、それをあの髪を切ってくれたおにいさ
んに伝えたんだ。それで、おにいさんは、ぼくに、あんなによくしてくれたんだ。
きっとそうだ。その刹那、心の底に虹がいくつも架かった。
明男はいままで味わったことのない奇妙な感動に全身を貫かれた。そしてその思いは、お
菓子をどっさりともらったような大きな喜びに変わった。
田口君、ありがとう。そう思いながら、明男は、おかあちゃんに、早くこのこと言わなく
ちゃと思った。
頭上では、まん丸の月がまぶしいほどの光を放っていた。
                                完
 

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

4.dbNETファミリーへのリンク

======================================

☆リアリムプロジェクト   http://www.realim.jp/
  ・写真をもとに外壁や内装などCGパースシミュレーション

☆リフォナビ   http://www.refonavi.com/
  ・住宅、マンションリフォーム会社総合情報サイト

☆ユ二クル    http://www.dbnet.gr.jp/unicl/
  ・マンション改修のためのコストシミュレーションソフト

☆住彩    http://www.jusai.jp/
  ・CGパース「未来写真」の事ならお任せください

☆クローバー総合サービス㈱ http://cloverts.jp
  ・25年の実績を持つCAD集団、BIMのご相談、耐震改修に対応


■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

5.エピローグ

どうしても大谷君が注目されますが、他の選手も頑張っています。
『伝説の男』になりつつあるイチロー、まだまだ元気、ヒット数をどんどん増やして
欲しいですね。アメリカでの通算ヒット数はもうじき3100本になります。
偉業ですよ!
日本におけるヒット数を加算したら何本になるのか?

国内のニュースでとても残念だったのは、元ソフトバンクの川崎宗則選手のことです。
心身に変調が見られたため、一旦野球をやめるらしい。
このまま引退してしまうのか? 
メジャーリーグに憧れ、イチローに憧れ、日本を去ってアメリカに渡りました。
しかし、ほとんど出番はなく、苦しい6年間だったと思います。
日本にいれば、首位打者も盗塁王もベストナインも、なんでも手中にできたでしょう。 
しかしアメリカに対する熱望止みがたく、野球の聖地に渡りましたが、好結果には恵
まれませんでした。不本意だったでしょう。切歯扼腕の日々だったでしょう。

しかし、九州男児らしく、いつも陽気に振舞っていました。
偉い男です。

川崎は、高卒でプロに入りましたが、即戦力になったわけではありません。 
2、3年間、まったく芽が出なくて、心配した父親が故郷(鹿児島?)から上京しまし
た。二人は球団の寮で泣いたそうです。
『プロでは通用しないのか、このままじゃどうにもならん、故郷に帰るしかないのか』
と。
しかし、川崎はそこから、努力を重ねて這いあがり、一軍に登り、大活躍しました。
十年以上前でしょうか、ソフトバンクが優勝した時は、満面の笑顔で『ソフトバンクは
世界で一番強いチームです』と言いましたが、アホかとは思いませんでした。
優勝した喜びとチームへの愛が言わしめた言葉と好感を持ちました。
ほんとにこいつはナイスガイだと感動しました。
川崎が元気になることを願ってやみません。

さて、今年の、セ・パの優勝チームはどこか?
広島、開幕3連勝、強いですね。本命では? 
次いで、巨人、阪神、横浜、パではソフトバンク、西武、日本ハム、楽天あたりでしょ
うか?
こんなに数をあげては予想にはなりませんね。
いずれにしても、これから半年間、野球が楽しめるので、志摩は仕合せな気分です。
ワールドカップサッカー?
さあ、ファンには申しわけないのですが、ひとつも勝てないのでは。
あくまでも予想、可能性(不可能性)の話なんですから。
まあ……初戦で勝つか、ドローなら、なんとか……

鳥がたくさん飛翔する季節になって、特にシジュウカラの鳴き声が目立ちますが、志摩
の住む街に米軍のオスプレイ(ミサゴ)がやってきました。いやはや。
これから訓練飛行が始まるそうですが、どの程度、やかましい音を立てるのか?
…わざわいの鳥、我が街に来たる……
就寝中に頭上に墜落、なんてことがないよう、祈るばかりです。

======================================
最後までお読みいただきありがとうございました。
メルマガ会員も常時募集しています。(会費は無料)
本メルマガに興味を持たれそうな知合いがいらしたら、是非ご紹介ください。

▼【お問い合わせ、新規ご登録等】
 本件に関してご不明な点がお有りの場合は事務局までお問い合わせください。
    ( URL:このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。
  )
 
▼【メール配信停止】
    ( URL:このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。
  )

▼【配信先メールアドレス・住所・連絡先など登録情報の変更】
    ( URL:このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。
  )

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

  発行:有限責任事業組合C-PES研究会 dbNET事業部 
               http://www.dbnet.gr.jp/
     〒101-0061 東京都千代田区三崎町3-2-10 寺西ビル4階

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥