建築・土木・設備製品・工法 総合カタログdbNET

〒101-0061 東京都千代田区三崎町3-2-10 寺西ビル4階

dbNET新着情報

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++
   ☆★☆   dbNET   Weekly ニュース    ☆★☆
                            【VOL.136  2018年 9月 21日】
 
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++

…………………………………………………………………………………………………
このメールはdbNETファミリーのユーザー登録時にメールアドレスをご記入いた
だいたお客様に送信しております
    Webサイト ◇http://www.dbnet.gr.jp
    Facebook  ◇http://www.facebook.com/dbnetgrjp
    Twitter  ◇http://twitter.com/dbNET12

…………………………………………………………………………………………………

■■■■■■□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
■■   今週のもくじ
■ 1. プロローグ
■ 2. dbNET会員紹介  ~クリオン株式会社~
■ 3. J・Hのささやき 「福沢諭吉について(18)」
■ 4. dbNETファミリーへのリンク
■ 5. エピローグ
■       
□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□■■■■■■

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++

1.プロローグ

こんにちは、志摩です。
秋ですね。栗ご飯の季節です。
子供の頃は、渋皮を剥いて、生で食べたものです。
いつも腹をすかせていたとは言え、我ながら信じられない所業です。
 
ラジオで知った『フランスの話』から。
来年から、源泉徴収がはじまるそうです。
えっ、ですよね。
フランスでは今まで、勤労者は毎年、自分で当局に出向いて確定申告をしていたん
だって。
それが変わって、天引きになるとのこと。
日本も確か、時代は忘れましたが、天引きはなかったんですよね。
天引きはけっこう新しい方法なんですよ。もしかしたら戦後?
それと、ケータイとスマホを小・中学校に持ち込むことは禁止、という法律が出来
たそうです。校門の前で取り上げて、下校時に返却するとか。
まともな授業が不可能になっていたんでしょうね。
良いことだと思います。

さてさて、ロシアのプーチン大統領、凄いジャブを放ちました。
外交なれした安倍総理、戸惑い、うろたえ、苦笑しました。
『シンゾー、平和条約を結ばんか、前提条件なしじゃ、どげんね?』
むむ、むずかしいなあ。
『始めなければ、終わらない』という格言がドイツにありますが、この提案、読者
はどう思われますか?
一方、国内では、石破議員が『防災省』の設立を唱えていました。
志摩は、良いアイデアだと思うのですが……

さて、大坂なおみ選手が偉業をなしとげました。
驚きました。あのセリーナを撃破するとは! 我が国民は大騒ぎ。
日本人の遺伝子を持った女の子が優勝した、と志摩も喜んでいるのですが、しかし
ちょっと複雑で……しかも微妙で……
マスコミの『日本人初』というバカ騒ぎに呆れているのです。
要はマスコミ批判なんですが。
前もって断っておきますが、以下の言明には、差別的な意図はまったくありません
ので誤解なきように。
むしろ、逆の発想に基ずくものです。
 
マスコミが『大坂選手を無理矢理に日本人に仕立てあげている』態度に、強い違和
感をおぼえています。
『国籍が日本』なので、法的には『日本人』になるのでしょうが、ちょっとおかし
いなあ、不自然だなと思っているのです。理由を書きます。 
大坂選手は、ハーフです。ハイチ人の父親と日本人の母親の。
日本にいたのは3歳まで。
ほとんど日本語がしゃべれず、アメリカで暮らしている。
(帰国という表現をマスメディアは使っていますが、これはおかしい。次の大会の
ために立ち寄っただけです。船にたとえれば帰港ではなく寄航。
日本での大会が終わってアメリカに戻ったら、アメリカのメディアは帰国と表現す
るでしょう)
これを日本人と言うのでしょうか?
どうしても帰属する国名が必要ならば、彼女はアメリカ人ではないでしょうか?
メジャーリーガーのダルビッシュ(今はアメリカにいますが)、楽天のオコエ、
ハンマー投げの室伏、相撲の御嶽海、高安、みなハーフですが、日本語をしゃべり
日本に住んでいます。勿論、国籍は日本です。
だから日本人、ですね。
それに対して、大坂選手は、上述したように、英語をしゃべり、アメリカで暮らし
ている。
社会存在的には堂々たるアメリカ人ですよ。
国籍が日本だからと言って、無理に『日本人という枠』に押し込めることはないと
思うのですが。
  
普段はアメリカに住んでいるのだったら、アメリカ人でいいではないですか。
それゆえに、『日本人初』という表記にピンとこないのです。釈然としない。
そう思っているひとは、少なくないのでは?
実はマスコミ内部にもいるかも。
というのは、マスコミは時にホンネを隠して、国民をある種独特の感情に導こうと
するからです。誘導ですね。
こんな例があります。
明治大帝が崩御された時、乃木将軍は自裁、つまり陛下の後を追って殉死しました。 
朝日新聞の社内では、そんな乃木将軍を馬鹿だと言い、社長の村山龍平は、『乃木が
死んだってのう、馬鹿な奴だなあ』と言いました。
これを聞いた社員たちは『社長万歳』を叫びました。
ところが、翌日の朝日新聞は、『誠忠無二の軍神乃木大将』で埋っていました。
つまり、ホンネは隠して、国民に強く訴求されるだろうと推測されることを麗々しく
書き連ねる。迎合です。
もっとも、『乃木大将の殉死は愚行』なんてホンネを書いたら、血気さかんな長州壮
士に襲撃されたかも知れませんが。
 
ノーベル文学賞をゲットしたカズオ・イシグロの時も書きましたが、彼は、イギリス
に住んでいて英語で文章を書き、英語をしゃべっているのですから、レッキとした
イギリス人なんですよ。(つまり、志摩の見方は現地主義なんです)
と同時に、彼は世界市民でもあると書きました。
この伝でゆくなら、大坂選手はアメリカ人であると同時に、世界市民で、日本人では
ない。
東洋の小島に住む日本人という枠を超えた、『グローバル・アスリート』なんですよ。
彼女にとって、現時点では、国籍はただの形式的な登録、紙切れ。
彼女がもし、『日本人初』という漢字の意味を解したら、どういうことかなあと首を
ひねると思います。
 
平成の御代が過ぎようとしている現代、日本人の感性はまだ『明治時代』ですね。
日清、日露の戦勝は『ニッポン勝ったあ、ニッポン勝ったあ』でいいですよ。
 特に白人国家の一員たる帝政ロシアに勝利したことは、欧米列強に煮え湯を飲まさ
れている感覚に憤っていた当時の日本人にとって、無上の感動、喜びであったでしょう。
しかし、それらの歓呼は百年以上も前、今は2018年ですよ。

 
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

2.dbNET会員企業紹介   ~クリオン株式会社~

このコーナーでは、dbNET会員企業を順次紹介しております。
企業概要、事業内容は各社のホームページより抜粋しております。
是非一度アクセスしてみてください。

======================================

クリオン株式会社(本社:東京都江東区)は、住宅用ALC技術を中心に、環境関連・
農業関連などに事業分野を拡大してきました。
開発の視点は、環境保護に配慮して、社会に貢献する製品をマーケットに送り出すこ
と。すでに、アメニティ事業・吸音材事業・水環境事業などが技術の実用化に成功。
今後も、新規事業の可能性を常に探求し、市場ニーズ・開発ニーズとの調和に重点を
置いた新商品・新技術を研究し、高度な新製品を開発してまいります。

「クリオン〈Clion〉」はふたつの言葉に由来します。
 一つは、最高神ゼウスの娘で、歴史をつかさどる優れた技量を持つギリシャ神話の
女神「クリオ(Clio)」。 もう一つは、百獣の王「ライオン(Lion)」。 
当社の社名=ブランド名には、女神クリオのように、これから築き上げる歴史の中に
おいて、誰もが認める高い技術力を構築することによりライオンのごとく業界のトッ
プとして君臨するとの意味が込められています。
 私ども「クリオン」は、独創性のある発展的企業として、次代を開く新技術で、社会
に貢献してまいります。

事業概要
 軽量気泡コンクリートの製造、販売並びに施工
  剛体多孔質吸音材の製造、販売並びに施工
 建物及び構造物の設計並びに工事管理
  高機能土壌改良材、肥料の製造並びに販売

     http://www.clion.co.jp/


■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

3.ジェームス・ホントのささやき ~~『福沢諭吉について』~~ (18)
                      『学問のすゝめ』より

======================================

第14編は、『心事の棚卸』と『世話の字の義』からなっており、心事の棚卸は前回
ご紹介したので、今回は『世話の字の義』について。

日本人は、よく『お世話になります』とか、『息子がお世話になっております』など
と言います。あるいは、『お世話様です』などとも言う。
ごくあたりまえの、日常言語です。
体調が悪くて、ひとに介護されている場合は、心底、お世話になっている、という気
持ちは高まるでしょう。
さて、この言葉を、福沢は以下のように解釈します。

『世話の字に二の意味あり。一は保護の義なり。一は命令の義なり。
保護とは人の事に付きかたわらより番をして防ぎ護り、あるいはこれに財物を与え、
あるいはこれがために時を費し、その人をして利益をも面目をも失わしめざる様に世
話をすることなり。
命令とは人のために考て、その人の身に便利ならんと思うことを差(指)図し、不便
利ならんと思うことには異(意)見を加え、心の丈けを尽くして忠告することにて、
これまた世話の義なり』

保護は、わかりやすい言葉ですが、命令というのは、なかなか難しい。
最近の、スポーツ界における『パワハラ』を考えてみるに、この命令という言葉の持つ
多義性に、どうしても思いが行ってしまう。
その人のためにと思って、これをやれと命令する。
そうしないと、これこれ、こういう事態になると、忠告し、意見する。
しかし、これが、相手の受け取り方によって、『威圧』となり、どうかすると『恫喝』
にもなってしまう。この食い違い、齟齬を埋めるのは非常に難しい。
しかし、上下関係がある以上、何事かを完遂するためには、強い言葉、強い態度が必要
で、『ゆる言葉』では、事は成就しないのでは?
だから『檄を飛ばす』なんぞと言う。
しかし、忠告された方が激しく反発した場合は、その関係は崩れるしかない。
では、どのような言葉遣いならよいのか?

外国では、どうなんでしょうか?
おそらく、この問題には、国民性がからんでいると思うのですが。
ジョークを混じえて忠告、意見しても、日本人には、通じないのか?

脇道にそれますが、たとえば、こんな話あります。
先の戦争の時、士気向上のために、つまり戦意高揚のために、アメリカも日本も様々な
映画、映像を国民に見せました。
アメリカの映画は、国家のために兵隊になるのは素晴らしい、楽しい、軍隊は良いとこ
ろだだから、若者よ、軍隊に入ろう、戦争に行こう、というメッセージになっています。
食い物も豊富にあるぞ、という映像も流される。

一方の我が国の映像では、兵隊が真剣な表情で行軍していて、勇ましいのですが、アメ
リカ人から見ると、『これは反戦映画じゃないか』ということになるんですよ!
つまり、『兵隊はつらく苦しい日々を送っている』という映像にしか見えない。
見方がまったく違う。
日本人にとっては『戦意高揚』の映像が、アメリカ人にとっては『戦意喪失』の映像に
なってしまう。
これは国民性の違いからくる表現の象徴的なあらわれですが、パワハラ問題にも、これ
に類似した心理的な要因が関係しているのでは?
つまり、40代、50代には、戦前・戦中的な『厳しさは時に罵声、いや暴力にもつな
がるが、これも愛の鞭』だという古い感性が生きており、また自分もそうした指導のも
とで選手生活を送ってきた。疑念を持ったことがない。
ところが、現代の10代、20代の若者には、それが『前近代的な因習』にしか見えない。
で、内部告発が多発する。
簡単に言うと、日本の指導方法はいまだに『軍隊的』なのか?
 
本論にもどります。
『たとえば、父母の差図を聴かざる道楽息子へみだりに銭を与えて、その遊冶放蕩(ゆう
やほうとう)をたくましうせしむるは、保護の世話は行届て、差図の世話は行われざるも
のなり』
 
バカ息子に好きなだけ金を与えるのは、保護ではあるが差図が伴なっていないので、
『人間』の『悪事』であると言っています。
芸能人や大企業の御曹司にたまにあります。
金を好きなだけ与えて、その子を駄目にする話。
フランスの思想家ルソーは、『人間を駄目にするなんて簡単なことだよ。欲しいものを
全部与えればいいんだから』と言っています。

子供に小遣いをあげる時、誰もが思うのではないでしょうか?
これじゃあ少ないかな、とか、これじゃあ多すぎるな、とか。
多く与えすぎたと思った時には、『無駄遣いするな』と言うのではないでしょうか?
これが、差図ですね。
だいだいそう忠告します。相手が従うか否かはともかくとして。

つまりこの論で福沢は『世話には保護と命令・差図があり、このバランスを常に考えて
行動すべし』と言っているわけです。


■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

4.dbNETファミリーへのリンク

=======================================

☆リアリムプロジェクト   http://www.realim.jp/
  ・写真をもとに外壁や内装などCGパースシミュレーション

☆リフォナビ   http://www.refonavi.com/
  ・住宅、マンションリフォーム会社総合情報サイト

☆ユ二クル    http://www.dbnet.gr.jp/unicl/
  ・マンション改修のためのコストシミュレーションソフト

☆住彩    http://www.jusai.jp/
  ・CGパース「未来写真」の事ならお任せください

☆クローバー総合サービス㈱ http://cloverts.jp
  ・25年の実績を持つCAD集団、BIMのご相談、耐震改修に対応


■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

5.エピローグ

世にある森羅万象は分類(区別)によって成立しています。
哺乳類、爬虫類、両生類、昆虫類、甲殻類、魚類。
植物、菌類、鉱物等々。
鯨は、かつては魚類に分類されていましたが、現在は、皆さんご承知のように、哺乳類
に分類されています。
では、読者に質問。河童(カッパ)は?

閑話休題。
なぜ分類するのか? 人間にとって都合が良いからです。
さて、人間の分類は?
代表的なのは、コーカソイド(白人)、ネグロイド(黒人)、モンゴロイド(アジア人)、
オーストラロイド(ニュージーランドやオーストラリアの先住民・アボリジ)
さらに細かく分類されます。
ゲルマンとかラテンとかチャイナとかスラヴとかアラブとか。
 
ヒトラーが叫んだ『アーリア人』(サンスクリット語)のアーリアは、『高貴な』とい
う意味です。
お笑いですね。
しかし、世界中の民族は、似たりよったりの観念を持っています。
自らのことを『野卑な』、『下品な』、『低能な』と思い、そう名乗っている民族はあ
りません。
個人レベルでは、時には『ああ俺は最低の人間だ』と思うことは誰にでもありますが、
民族全体で『俺たちはロクでもない民族だ』と思っている民族はありません。
ことほどさように、人間集団というのは、自らを蔑むことは避け、自尊し、尊称します。
さらには、どこの国民も、『我等の国は神に愛でられし国』と思っています。

しかし、これが度を越すと、ヒトラーのようにお笑いの次元になります。
『誇り』と謙遜の『遜』(へりくだり)の間で常に揺れ動いているのが、多分、人間と
しては無難なのでは。
誇りは必要ですが、時には厄介なものとなります。
驕慢、慢心、自己増上慢につながる可能性があるからです。
たとえば、山中教授がノーベル賞をゲットすると、日本人は、同じ民族として、あるい
は 同じ国民として、あるいは同胞として『誇りに思う』と言います。
で、大喜びします。
志摩もそうです。
しかし、ようく考えて見ると、志摩と山中教授はなんの関係もない。
血縁関係はないし、会ったことも、しゃべったこともない。
にもかかわらず、『誇りに思う』
これはなぜか?
多分、『日本人』という大きな枠の中に一緒に入っている『仲間』と思うからですね。
『おれと山中教授は、同じ人種、民族という大きなカッコにはいっているんだ!』
これは同郷意識から来る昂揚感。誰にでもあります。
 
悪いと言っているわけではありません。
人間というのは、そのように作られているのですから不可避です。
しかし、これも度を越すと、妙なナショナリズムになって排外思想につながる。
『おれたちは最高の民族だ』となり、他の民族、国民を蔑視することになる。
志摩にも、少なからずそのような傾向があります。
まずいなあと自省し、中庸というのは誠にむずかしいなあと慨嘆します。
前回も書きましたが、これを越えるには、『文化人類学的思考』を身につけるしかない。

トランプ大統領は『極度のアメリカ第一主義者』と呼ばれています。
ホントはアメリカ大統領こそが、同国の歴史と規模から言っても、世界市民にならなけ
ればいけない存在なんですが。
世界中のひとが集まって出来た国家のトップが、人種、民族を宗教や生活慣習で分類し、
等級付けしてどうするんですか! 国是に反する愚行です。
『アメリカに住んでいる人間はすべてアメリカ人だ。人種、民族、肌の色、宗教で差別
しないのがアメリカである、それが我が国の誇りである』と声高らかに宣言すべし。

大統領はアメリカが最強国家だと思っているでしょう。ただし、それは『軍事的』なも
ので、最良国家とは思っていないでしょう。
で、『経済的』に強化すれば『最良国家』になれると思い込んでいる。
しかし、これは『大衆には金さえ与えておけばいいんだ』という国民をなめた考え方で
はないでしょうか? 
古代ローマの『パンとサーカス』と同じですが、『ひとはパンのみに生きるにあらず』
 
同大統領はまぎれもなく『ナショナリスト』ですが、『ゆがんだナショナリスト』です。
ヒトラーと同じで、しまいには、国家を『弱体化』させる虞れがあります。
で、アメリカ国民はそれに気付きはじめて、こいつはやばいぞと警戒心を強めている。
 
なんだかんだと言っても、志摩は、まあ愛憎半ばと言うか、厳密には親アメリカ6で
反アメリカ4ですから、『ベトナム戦争』の時のようにアメリカがグチャグチャになる
のは見たくありません。
第二のジョージ・ワシントン、出でよ! 

大坂選手からどんどんそれて、変な結末になってしまいましたが、勿論、志摩も彼女の
偉業に感激しています。
しかし『国籍が日本=日本人』だからではありませんヨ。
この等式自体に疑義を感じているので。
ボルトが百メートルで途方もない記録を出した時と同じように、大坂なおみという個人
の壮絶なる努力の結果に敬意を表するからです。
二十歳の大坂なおみに喝采を送っているひとは、世界に何人もいると思います。
『日本人だから』、ではないですよ。
 
マスコミは、彼女の国籍がハイチやアメリカだったら、こんなに大騒ぎしないでしょう。
それが志摩はイヤなんですヨ。
『国籍はハイチ? でも、日本人のDNAがはいっているんだろう、だったら、同胞に
近いじゃないか、嬉しいねえ。錦織圭だったら、もっと嬉しいな』というのは、許容範
囲です 
不可避の同郷意識( ナショナリズム)ですから。
どこかに矛盾はあるかなあ?

マスコミは、『彼女は日本人だ』と連呼することによって、なんらかの商業的収益を見
込んでいるのでしょうね。
いとあさましき!

ところで、なおみちゃん、おめでとう!
聖地、ウィンブルドンでも栄冠を!!
グラフやセリーナ姉妹を越えてください!
God bless you!    

=======================================
最後までお読みいただきありがとうございました。
メルマガ会員も常時募集しています。(会費は無料)
本メルマガに興味を持たれそうな知合いがいらしたら、是非ご紹介ください。

▼【お問い合わせ、新規ご登録等】
 本件に関してご不明な点がお有りの場合は事務局までお問い合わせください。
    ( URL:このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。
  )
 
▼【メール配信停止】
    ( URL:このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。
  )

▼【配信先メールアドレス・住所・連絡先など登録情報の変更】
    ( URL:このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。
  )

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

  発行:有限責任事業組合C-PES研究会 dbNET事業部 
               http://www.dbnet.gr.jp/
     〒101-0061 東京都千代田区三崎町3-2-10 寺西ビル4階

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥